東村山市携帯サイト用ロゴ

新型コロナウイルス感染症に関する市内市立小・中学校の対応について

■新型コロナウイルス感染症(オミクロン株)の流行状況に伴う対応について(令和4年2月9日)

 現在、東村山市立学校におきましても、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の急激な感染拡大が見られ、児童・生徒及び学校関係者の感染が報告されており、学級閉鎖等が発生しております。
 この度、新型コロナウイルス感染者が確認された際の学校における濃厚接触者の考え方及び学級閉鎖等の判断について、文部科学省等からの通知による見解を踏まえ、下記のとおり対応の一部を変更いたします。
 また、お子様やご家族の方が発熱等の症状が見られる場合につきましても、対応の一部を変更いたしますので、別紙(児童・生徒及び同居する家族等に新型コロナウイルス感染症の陽性判定者等が発生した場合の対応(目安))をご参照いただき、登校の目安の考え方に沿ってご確認いただき、マスクの着用や手洗いの励行など、基本的な感染防止対策にご協力くださいますようお願いします。
1 濃厚接触者の疑いの判断について
以下の(1)又は(2)のいずれかに該当する児童・生徒及び教職員を濃厚接触者の疑いのある者として判断します。
 (1)手で触れることができる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なし(マスク等)で、感染者と15分以上の接触があった者
 (2)感染者から物理的な距離が近い又は物理的な距離が離れていても接触頻度が高い者、大声を出す活動や呼気が激しくなるような運動を共にした者
2 学級閉鎖等の判断について
以下のいずれかの状況に該当し、学級内で感染が広がっている可能性が高い場合、学級閉鎖を実施します。
 (1)同一の学級において複数の児童・生徒の感染が判明した場合
 (2)感染が確認された者が1名であっても、周囲に未診断の風邪等の症状を有する者が複数いる場合
 (3)1名の感染が判明し、複数の濃厚接触が存在する場合
 (4)その他、設置者で必要と判断した場合
  (注記)学級閉鎖の期間は5日程度を目安とし、感染拡大の状況など、児童・生徒等への影響を踏まえて判断します。
3 その他
 学校及び東村山市教育委員会が協議の上、濃厚接触者とみなした児童・生徒や教職員は、保健所より特定された者と同等に取り扱われます。
 (1)自宅待機中に体調不良等が認められた場合には、かかりつけ医等の医療機関(児童・生徒の場合は小児科医のみ対応)を受診し、医療機関の指示に従ってください。また、東京都発熱相談センター(電話:03-5320-4592)に相談することもできます。
 (2)体調不良等が認められない場合は7日間の自宅待機にご協力ください。
■まん延防止等重点措置の適用に伴う市立学校の対応について(令和4年1月21日)

 過日、国は東京都への1月21日から2月13日までを期間とする、まん延防止等重点措置の適用を決定しました。
 現在、オミクロン株の急激な感染拡大の状況にあり、かつてないスピードで感染が拡大し、誰もが感染するリスクがあると指摘されています。
 こうした状況を踏まえ、東村山市立学校においては、今まで以上に危機感をもって、学校や家庭での感染症対策に取り組むことが重要であると考えております。
 つきましては、学校における感染の発生や感染拡大のリスクを低減させ、引き続き感染防止対策を徹底しながら学校運営を継続していいくため、下記のとおり、感染症防止対策の一層の徹底について取組んでまいります。
 
◇1 基本方針
 学校の運営に当たっては、「東村山市立小・中学校版感染症予防ガイドライン(新型コロナウイルス感染症)令和3年6月18日改訂版(以下ガイドライン)」に基づく感染症対策を徹底します。
◇2 児童・生徒等に対する指導の徹底
(1)基本的な感染症対策の徹底
 以下の取り組みを徹底します。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html
(2)学習活動について
 感染症対策を講じてもなお飛沫感染の可能性が高い、以下のような学習活動は可能な限り避けることとします。
(3)学校行事について
 以下のように取り組みます。
(4)部活動について
以下のように取り組みます。
◇3 家庭における感染症対策の徹底
 「児童・生徒の感染リスクが高まる場面」をご活用いただき、以下の対応をお願いします。
◇4 児童・生徒等への個別の配慮
■令和3年度 スキー移動教室の中止について(令和4年1月14日)

 
 東村山市立小・中学校におけるスキー移動教室の実施について東村山市教育委員会及び東村山市立中学校校長会と協議を重ねた結果、下記のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。
1 令和3年度スキー移動教室について
 本市では、感染防止対策を徹底しながら、可能な限り教育活動を継続させ、児童・生徒の学びを保障していくことが重要であると考えており、宿泊行事についても、有意義な教育活動であると捉えております。
 しかし、現在の感染拡大状況並びに次の理由から、子供たちの健康を第一に考え、令和3年度のスキー移動教室の中止することとしました。  
【理由】

2 その他
 スキー移動教室等のキャンセルについては、全額市が負担し、保護者の負担はありません。
■9月13日以降の教育活動の工夫について(令和3年9月7日)

 
 現在、政府より東京都における緊急事態宣言の延長が予定されているとの報道がなされていますが、市内におきましては、9月1日から健康観察期間の教育活動における感染は見られず、児童・生徒の健康状態について継続的に確認しておりますが、陽性者数や咳や発熱を伴う体調不良者数は先週末でピークに達し、減少傾向にあります。
 つきましては、9月13日以降の学校の対応を下記のとおりといたします。
 なお、今後、東京都における緊急事態宣言の扱いや感染状況の変化によって変更する場合があります。最新の情報につきましては、引き続き東村山市並びに学校ホームページでご確認ください。
1 感染防止対策の徹底について
◎9月13日(月曜)以降は、極力、通常の教育活動に近づけることに努めます。
◎引き続き、感染のリスクが高い教育活動は実施せず、教員と対面による学習を基本とし、児童・生徒が密接に関わる学習活動は実施しません。
(1)感染を回避するためにやむを得ず登校しない場合や、給食・スクールランチを喫食せず下校する場合は、欠席及び早退扱いとはせず、出席停止とします。
 (注記)感染を回避するためにやむを得ず登校しない場合等においては、オンラインによる授業配信や提示した学習課題に取り組むようご協力をお願いします。
(注記)なお、全ての教科や内容でオンラインによる授業配信を行うものではございません。音声や映像が不鮮明な場合や、授業中の個別の対応は難しい場合がありますのでご理解ください。
(2)中学校の部活動につきましては、生徒の体力の低下や部活動の維持について配慮した結果、校長が真に必要と判断した場合のみ、保護者の同意を得たうえで実施します。

2 オンライン学習の活用について
◎市内全小・中学校におけるオンライン学習の環境をさらに整えていく必要があります。
(1)オンライン学習の方法や内容については、別途お伝えします。
(2)ご家庭にWi−Fi環境がない児童・生徒につきましては、学校においてオンライン学習を実施した後に下校します。
(3)児童クラブに在籍している児童につきましては、学校においてオンライン学習を実施した後に児童クラブに通所します。
3 家庭における感染予防の徹底とご協力のお願いについて
◎児童・生徒に対し、感染を未然に防ぐための指導を徹底するとともに、家庭においても感染を防止する行動にご留意いただきますようお願いします。
◎同居する家族において、咳や発熱等の体調不良が認められる場合や濃厚接触者として特定された場合には、当該児童・生徒の登校を控えていただきますようご協力をお願いします。
■濃厚接触者等の特定と臨時休業の判断について(令和3年8月31日)

 2学期の教育活動を実施するに当たり、今後、学校において、新型コロナウイルス感染者が発生した場合、校内における濃厚接触者等を特定する際の考え方、及び学級閉鎖等の臨時休業と判断する際の考え方について、以下のとおりといたしますので、ご理解・ご協力をいただきますようお願いいたします。
1 濃厚接触者等の候補の特定について
 感染者の感染可能期間(発症2日前から退院又は療養解除の基準を満たすまでの期間)のうち、以下の(1)又は(2)のいずれかに該当する児童・生徒及び教職員を濃厚接触者の候補とします。
(1)手で触れることができる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なし((注記))で、感染者と15分以上の接触があった者(例えば、感染者と会話していた者)。
(注記)必要な感染予防策については、マスクの着用が不適切な状態(いわゆる鼻出しマスクやあごマスク等)ではなかったかについても確認します。
(2)感染者から物理的な距離が近い、又は物理的な距離が離れていても接触頻度が高い者(感染者と同一の学級の児童・生徒等)。大声を出す活動、呼気が激しくなるような運動を共にした者等(感染者と同一の部活動に所属する児童・生徒等)。
 
2 臨時休業の判断について
 以下のいずれかの状況に該当し、学級内で感染が広がっている可能性が高い場合、学級閉鎖を実施します。
(1)同一の学級において複数の児童・生徒の感染が判明した場合
(2)感染が確認された者が1名であっても、周囲に未診断の風邪等の症状を有する者が複数いる場合
(3)1名の感染が判明し、複数の濃厚接触が存在する場合
(4)その他、設置者で必要と判断した場合
(注記)学級閉鎖の期間は、5から7日程度を目安に、感染の把握状況、感染の拡大状況、児童・生徒への影響等を踏まえて判断します。
3 濃厚接触者(みなし)の指定について
 学校及び東村山市教育委員会が協議の上、濃厚接触者とみなした児童・生徒は保健所より特定されたものと同等に取り扱われます(自宅待機期間は陽性者と隔離した日の翌日から14日間)。
 「濃厚接触者(みなし)」として指定された場合は、保護者の同意を得た上で学校を通じて、検査キットを配布いたしますので、唾液採取によるPCR検査キットを専門機関に郵送してください。
(1)検査キットで陽性と診断された場合や自宅待機中に体調不良等が認められた場合
 
 かかりつけ医等の医療機関(児童・生徒の場合は小児科医のみ対応)を受診し、医療機関の判断に基づき行政検査によりPCR検査を実施します。
 
 自宅待機中に体調不良等が認められた場合は、かかりつけ医及び東京都発熱相談センター(電話:03-5320-4592)にご相談ください。
 
 (注記)医療機関の受診については、行政検査によるPCR検査は無料で実施できますが、必ず事前の医師の診察が必要であり、診察料が別途かかることをご了承ください。
(2)体調不良等が認められない場合
  14日間の自宅待機にご協力ください。
◇4 新型コロナウイルス感染症発生時の対応フローチャートについて
こちらよりご確認ください。
■2学期の教育活動について(令和3年8月31日)

 現在、東村山市におきましても、児童・生徒及び学校関係者の新型コロナウイルス感染者数が増加傾向にあります。児童・生徒の感染は、家庭内における感染がほとんどであり、学校の部活動や補習教室等における感染は確認されておりません。ご家庭におきましては、改めて、感染予防を徹底していただくようお願いいたします。
 つきましては、2学期の教育活動を実施するに当たり、下記のとおり、新型コロナウイルス感染症対策を図った上で実施してまいります。
 なお、今後、東京都における緊急事態宣言の扱いや感染状況の変化によって変更する場合があります。最新の情報につきましては、引き続き東村山市並びに学校ホームページでご確認いただきますようお願いいたします。
1 健康観察期間の設定について
◎緊急事態宣言が発令されている9月12日(日曜)までの期間を健康観察期間と位置付け、感染の未然防止に努めます。
(1)本期間中は午前授業とし、健康観察・感染防止指導・授業を行います。
 (注記)一人一人の児童・生徒の健康状態を把握し、感染防止対策を改めて丁寧に指導します。
(2)給食及びスクールランチを予定している場合は給食指導後に下校します。
 (注記)小・中学校における給食及びスクールランチ等を食べずに下校することも可能です。
     その場合は、早退扱いとはしません。
(3)下校後には、学年ごとに家庭でのオンライン学習を実施します。
 (注記)オンライン学習の内容については、別途お伝えします。
 (注記)ご家庭にWi−Fi環境がない児童・生徒につきましては、学校においてオンライン学習を実施した後に下校します。
 (注記)児童クラブに在籍している児童につきましては、学校においてオンライン学習を実施した後に児童クラブに通所します。
(4)本期間中は、中学校における部活動は中止とします。
 (注記)大会等を控えている部活動につきましては、保護者の同意を得た上で、人数の制限や感染対策を図り実施いたします。
◎9月13日(月曜)からは通常どおりの教育活動を実施する予定です。
2 家庭における感染予防の徹底とご協力のお願いについて
◎同居する家族において、咳や発熱等の体調不良が認められる場合や濃厚接触者として特定された場合には、当該児童・生徒の登校を控えていただきますようご協力をお願いします。
◎感染が心配で学校を登校しなかった場合は、欠席扱いとはせず、出席停止扱いとなります。
 
また、学校外の活動においても、以下の感染症予防を十分に講じるようご協力をお願いします。
(1)3密の回避、正しい手洗い、咳エチケット(マスクの着用)をお願いします。
(2)毎朝、検温等の健康観察をお願いします。
(3)飲食の場面では、感染リスクが高まるとされていることに十分ご留意ください。
3 ワクチン接種に関わる人権上の配慮について
◎ワクチン接種を受ける又は受けないことによって、差別やいじめにつながることのないよう、以下の点について学校では指導しておりますので、ご家庭でもご協力をいただきますようお願いします。
(1)ワクチン接種は強制ではありません。また、周囲にワクチンの接種を強制してはいけません。
(2)身体的な理由によってワクチンを接種することができない人や接種を望まない人もいます。
4 その他
◎ワクチン接種に伴う、ご心配やご不安な点がある場合には、必ず学校にご相談ください。
■過去の経過情報について

新型コロナウイルス感染症に関する市内小・中学校の対応に係る過去の経過情報につきましては、下記のリンクよりご確認いただけます。
■関連情報

東村山市立小・中学校版感染症予防ガイドライン(新型コロナウイルス感染症)について
東村山市立小・中学校の休業日等の日程
新型コロナウイルス感染症に伴う児童クラブの対応について
【新型コロナウイルス感染症予防関連】公共施設等の休館情報
【新型コロナウイルス感染症予防関連】イベント等の延期・中止情報
妊娠中の方への新型コロナウイルスに関する情報
【介護保険事業者向け】新型コロナウイルス関連肺炎の発生について
教育部指導課
電話:042-393-5111
[0]戻る
[9]トップに戻る

Copyright(c), Higashimurayama-city.