東村山市携帯サイト用ロゴ

乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)

■本事業における新型コロナウイルス感染症への対応について

本事業の訪問指導員は、事前に 発熱(概ね37.5 ℃以上)や呼吸器症状がないことを確認し、訪問時のマスク着用、咳エチケットや手洗いの徹底、アルコール消毒等の感染症予防対策を行っています。
また、訪問日時のお約束後に、ご家族の方に風邪の症状や発熱(概ね37.5℃以上)、倦怠感や呼吸困難などの症状がある場合には、延期させていただきますので、子ども保健・給付課母子保健係までご連絡ください。
■ 乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)


生後4か月を迎えるまでの乳児のいる全てのご家庭に、保健師・助産師が訪問し、子育ての不安や悩みの相談をお受けします。また、子育て支援に必要な情報提供を行い、地域の中でお子さんが健やかに成長できるよう支援をします。
  原則として生後4か月を迎える日までの赤ちゃんのいる家庭
  提出された出生通知票(母子健康手帳交付の際にお渡しした「母と子の保健バッグ」の中に入っています)に基づいて、訪問を担当する保健師・助産師がご連絡します。
 (注記)出生通知票を提出されていない方は、子ども保健・給付課までご提出ください。
子ども家庭部子ども保健・給付課
電話:042-393-5111
[0]戻る
[9]トップに戻る

Copyright(c), Higashimurayama-city.