東村山市携帯サイト用ロゴ

第2回語り部講演会〜多磨全生園「人権の森」を考える〜

■語り部講演会〜多磨全生園「人権の森」を考える〜

 ハンセン病に関する正しい理解を促すとともに、多磨全生園の歴史や入所者の手によって植樹され育まれてきた森、豊かな緑を後世に残していく「人権の森」構想について考える機会として、語り部講演会を開催します。
■実施日時

令和元年12月7日(土曜)
午後1時30分から4時(午後1時開場)
■場所

国立ハンセン病資料館
(東村山市青葉町4丁目1番地13)
■入場

無料
■定員

120名
(注記)事前申し込みの必要はありません。当日、直接会場にお越しください。
(注記)座席数に限りがございますので、先着順とさせていただきます。
■プログラム概要

  1. DVD上映「ひいらぎとくぬぎ」
  2. 語り部講演 多磨全生園入所者自治会 会長 平沢保治氏


昨年の語り部講演会の様子

昨年の写真パネル展示の様子
注)都合により、プログラムの一部変更がある場合がございます。ご了承ください。
◇写真展「いのちの森に暮らす〜多磨全生園のいま〜」を同時開催
写真家の宇井眞紀子氏、広瀬敦司氏による写真パネル展をハンセン病資料館1階ロビーにて同時開催いたします。
期間:令和元年12月7日(土曜)〜20日(金曜)
■協力

国立ハンセン病資料館
経営政策部企画政策課
電話:042-393-5111
[0]戻る
[9]トップに戻る

Copyright(c), Higashimurayama-city.