東村山市携帯サイト用ロゴ

教育費援助制度(就学援助)

市では経済的に困難な御家庭に、学校でかかる教育費の一部を援助する制度を実施しています。この教育費援助制度を利用される方は、下記内容を御確認の上申請してください。
平成31年度分の受付開始は、4月8日(月曜)です。
援助費の一部の入学準備金について、小学校入学では、小学1年生と就学予定者(2020年度新小学1年生)のお子様がいる御家庭が対象になります。中学校入学では、小学6年生と中学1年生のお子様がいる御家庭が対象となります。
なお、就学予定者(2020年度新小学1年生)のお子様がいる御家庭に限っては、9月以降に就学時検診のお知らせと一緒に申請方法の詳細のお知らせをお送りいたします。
(注記)入学準備金について、小学校入学と中学校入学どちらも、対象は2か年ですが、支給は一度のみです。
就学予定者(または小学6年生)で入学準備金が援助になった御家庭は、小学1年生(または中学1年生)で認定になった場合は、入学準備金以外の費目が援助対象になります。
(注記)入学準備金について、小学1年生または中学1年生のお子様がいる御家庭は、4月中に申請された方が対象です。
■援助制度を受けられる御家庭

  1. 生活保護が停止又は廃止になった方
  2. 児童扶養手当を受けている方
  3. 市都民税、固定資産税、国民年金保険料、国民健康保険税のうちいずれかの減免を受けている方
  4. 経済的にお困りの方などで、前年分の世帯全員の総収入がおおむね下表程度までの方(携帯画面では表示されません。学務課へお問い合わせください。)
■申請に関しての注意事項

  1. 生活保護を受けている方は、申請する必要はありません。ただし、前年度もしくは今年度途中で廃止になられた方は申請してください。
  2. 前年度認定された方も、毎年申請となりますので、申請してください。
  3. 借家等の方は、前年分の家賃支払いを証明できる書類を提出してください。
  4. 下記に御案内の申請手続きをよく参照のうえ、申請にお越しください。 
■申請手続き

◇受付期間
4月8日(月曜)から(土曜・日曜・祝日を除く)
夜間臨時受付 閉庁日を除く4月22日(月曜)から4月26日(金曜)までは、午後5時から8時まで、いきいきプラザ1階ロビーで行います。
(注記)5月以降の申請も随時受付します。認定の場合は、申請された月からの支給となります。
◇申請場所
東村山市教育委員会 教育部 学務課(いきいきプラザ4階)
◇提出書類
1.「就学援助費受給申請書」 (注記)教育委員会学務課にあります 。
2.前年分の収入証明
(1)給与所得者の場合は「前年分給与所得の源泉徴収票」
(2)税務署へ所得税の申告をした方は前年分の「所得税の確定申告書の控え」(税務署の受付が確認できるもの)
(3)市役所窓口にて市都民税申告をした方は、「市民税・都民税申告書 受付書」。
(4)その他世帯で収入がある方すべての収入証明(年金、利子、配当、パート収入等)。
(5)上記証明のない方は、学務課までご相談ください。
3.持家以外の借家等の方は、賃貸契約書・領収書・公営住宅の入居通知等で、前年中の月額家賃額・管理費・共益費が証明できる書類。
4.下記の事実が証明できる書類   (注記)該当がない方は不要
・生活保護の停止及び廃止
・児童扶養手当の受給
・市都民税の減免
・固定資産税の減免
・国民健康保険税の減免
・国民年金保険料の減免又は徴収の猶予 
◇その他申請に必要なもの
1.銀行口座振込みのため、振込先金融機関の口座を確認できるもの
2.印鑑
◇援助費の内容
  1. 学用品費(小学1年生11,520円、小学2から6年生13,770円、中学1年生22,510円、中学2から3年生24,760円)
  2. 入学準備金(小学校入学50,600円、中学校入学57,400円)
  3. 給食費(実費)
  4. 修学旅行費、移動教室費(実費)
  5. 遠足代(実費)
  6. 医療費(学校保健法に定められた疾病の治療に限り自己負担分を援助)
  7. 通学費(特別支援学級通学者で電車・バス等公共交通機関利用額)
(注記) 支給時期については、認定通知の中でお知らせします。

◇認定通知
6月までに申請をいただき、添付書類がそろった方については、7月18日に御自宅へ通知を発送いたしました。6月までに申請された方で通知が届かない場合、恐れ入りますが、下記のお問い合わせ先まで御連絡いただきますようお願い申し上げます。
なお、7月以降に申請された方については、申請月の翌月下旬までに通知を発送いたします。
(注記)申請された方が全て認定になるとは限りませんので、御了承ください。
教育部学務課
電話:042-393-5111
[0]戻る
[9]トップに戻る

Copyright(c), Higashimurayama-city.