東村山市携帯サイト用ロゴ

生活保護制度

生活に困っているかたの相談や援助を行っています。病気や失業などのため、生活や医療費の支払に困ったときは、その困窮の程度に応じて、生活保護法による援助が受けられます。
■制度の内容

◇生活保護の目的
生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としています。
◇生活保護の補足性の原理
生活保護を受けるためには、家族のすべての人たちが生活を支えるために、次のようなことについて、あらゆる努力をすることが必要です。
  1. 働ける人は働いて、収入を得る努力をしてください。
  2. あなたの生活に活用できる資産があれば、生活のために活用してください。活用できる資産とは、土地・家屋、自動車・バイク、預貯金や保険等です。(ただし、保有が認められるものもあります。)
  3. 年金や手当等、生活保護以外の法律や制度で給付を受けられるものがあれば、その給付を受けるための手続きをして下さい。
◇保護の種類
保護を受ける人の世帯構成や収入に応じて、その全部または一部が適用されます。
・生活扶助   ・住宅扶助   ・教育扶助   ・介護扶助
・医療扶助   ・出産扶助   ・生業扶助   ・葬祭扶助
生活保護制度は、世帯状況によって適用の可否・程度が異なります。具体的なご相談については、生活福祉課までご連絡ください。

なお、生活保護制度に関する詳細は下記リンク先の厚生労働省ホームページ(生活保護制度)をご覧ください。
厚生労働省ホームページ(生活保護制度)(外部リンク)
厚生労働省ホームページの生活保護制度の説明のページを開きます。
健康福祉部生活福祉課
電話:042-393-5111
[0]戻る
[9]トップに戻る

Copyright(c), Higashimurayama-city.