東村山市携帯サイト用ロゴ

後期高齢者医療制度の資格について

■制度の対象となるかた(被保険者)や加入手続き

 後期高齢者医療制度の運営は、「東京都後期高齢者医療広域連合」が行っていますので、そちらのウェブサイト(下記外部リンク)もあわせてご覧ください。
東京都後期高齢者医療広域連合オフィシャルサイト 東京いきいきネット
東村山市にお住まいのかたのうち、次に該当するかたが、後期高齢者医療制度の対象者(被保険者)となります。
1.75歳以上のかた
 被保険者となる日は、75歳のお誕生日。(平成20年4月1日に75歳以上であったかたは、平成20年4月1日)
 加入手続きは不要です。自動的に加入となります。
 なお、それまで加入していた健康保険は、自動的に脱退となります。
2.障害認定を受けたかた(申請により一定の障害があると広域連合から認定された、65〜74歳のかた)
 被保険者となる日は、申請をし、広域連合の認定を受けた日。
 加入には申請が必要です。申請の方法や必要なものは、下記問い合わせ先にお尋ねください。
(注記)施設等に入所、お住まいのかたは、上記の限りではありません。
(注記)後期高齢者医療制度に加入されるかたに扶養されているかたは、国民健康保険等への加入手続きが必要です。
(注記)生活保護を受給されているかた等は、制度の対象となりません。
■被保険者証(保険証)の交付

 被保険者のかたには、1人に1枚保険証が交付されます。病院等で医療等を受ける時は、必ず提示してください。
 
 保険証は2年に1度更新を行います。
 令和2年8月1日から保険証の大きさがカードサイズに変更になります。
 カードサイズの新しい保険証(オレンジ色)は、簡易書留郵便で7月下旬までにお送りします。有効期限は令和4年7月31日です。
 
 以下の対象者の交付時期は、次のとおりです。
 75歳になられる方は、75歳のお誕生日の前月中旬にお送りします。届いていない場合は、至急、下記問い合わせ先にご連絡ください。
 東村山市に転入、または市内転居されたかたは、転入や転居の届出をいただいた日から、概ね1週間以内にお送りします。
 なお、有効期限の前であっても、世帯構成や所得の内容等の変更により、自己負担の割合が変わる場合は、新しい保険証をお送りします。新しい保険証が届いた場合は、差替えてご使用ください。
保険証の再発行
 保険証を、破損・汚損、紛失、盗難等された場合は、再発行ができます。
■医療機関等にかかるときの自己負担の割合

 医療機関等の窓口でのお支払いは、医療費等の1割または3割です。自己負担の割合は、毎年8月1日に判定しています。
 1割負担(所得区分:一般)となるのは、同じ世帯の被保険者全員がいずれも145万円未満の場合です。
 3割負担(所得区分:現役並み所得)となるのは、同じ世帯の被保険者の中に145万円以上のかたがいる場合です。
■3割負担から1割負担に変更できる場合

 医療機関等にかかるときの自己負担の割合が3割のかたでも、次の条件を満たすかたは、基準収入額適用申請をして認定されると、申請日の翌月から自己負担の割合が1割に変更となります。
 なお、条件を満たすと思われるかたには、市役所から申請書をお送りしています。
(注記)収入とは、所得税法上の収入金額(一括して受け取る退職所得に係る収入金額を除く)であり、必要経費や公的年金等控除などを差し引く前の金額です。(所得金額ではありません)
(注記)土地・建物や上場株式等の譲渡損失を損益通算または繰越控除するために確定申告した場合も、売却時の収入は基準収入額適用申請における収入に含まれます。(所得が0円またはマイナスになる場合でも、売却金額が収入となります)
■限度額適用認定証(限度額認定証),限度額適用・標準負担額減額認定証(減額認定証)

 次に該当するかたは、申請により、限度額適用認定証(限度額認定証)または限度額適用・標準負担額減額認定証(減額認定証)の交付を受けることができます。申請の方法や必要なものは、下記問い合わせ先にお尋ねください。
 限度額認定証,減額認定証は、保険証と共に医療機関等の窓口に提示してください。
 限度額適用認定証の交付対象者は、自己負担の割合が3割のかたのうち、同じ世帯の後期高齢者医療被保険者全員の住民税課税所得が、いずれも690万円未満のかたです。保険適用の医療費の自己負担限度額が適用される効力があります。
 限度額適用・標準負担額減額認定証の交付対象者は、自己負担の割合が1割のかたのうち、世帯全員が住民税非課税のかたです。保険適用の医療費の自己負担限度額が適用され、また、入院時の食費が減額される効力があります。
 限度額認定証,減額認定証は、毎年7月31日が有効期限で、8月に更新となります。
 ただし、それぞれの証について、現在交付を受けているかたで、8月以降も交付対象となるかたには、新しい限度額認定証,減額認定証を7月下旬にお送りしますので、更新の手続きは不要です。
 なお、有効期限の前であっても、世帯構成や所得の内容等の変更により、限度額認定証,減額認定証の区分が変わることや、回収させていただくことがあります。区分が変わる場合は、新しい限度額認定証,減額認定証をお送りします。新しい限度額認定証,減額認定証が届いた場合は、差替えてご使用ください。回収となる場合は、市からご案内をお送りしますので、市にご返却ください。
 限度額認定証,減額認定証は、普通郵便でお送りします。
■特定疾病療養受療証

 特定の疾病による高額な治療を長期間継続して受ける必要があるかたは、申請により、特定疾病療養受療証の交付を受けることができます。申請の方法や必要なものは、下記問い合わせ先にお尋ねください。
◇対象となる特定疾病
健康福祉部保険年金課
電話:042-393-5111
[0]戻る
[9]トップに戻る

Copyright(c), Higashimurayama-city.