東村山市携帯サイト用ロゴ

行方不明高齢者等捜索メールの配信

 市内に居住する認知症高齢者等が行方不明となった場合に、ご家族等の依頼により、そのかたの身体的な特徴や服装等の情報を、協力者や協力事業者(事前登録制)に対してメールで配信するものです。また、認知症等に関する情報も配信します。

行方不明高齢者等捜索メール利用のながれ
■認知症のかたを介護されているご家族のかたへ

 認知症のかたが行方不明になった際、迅速に情報発信を行うために、氏名や写真等の情報を「事前登録」することができます。詳しくは健康増進課までお問い合わせください。
 (注記)事前登録されていないかたでも、行方不明になった際にはメール配信はできますのでご相談ください。
◇事前登録 申請書類ダウンロード
行方不明高齢者等捜索メールの受信登録にご協力ください

  認知症になると、道に迷ったり、家がわからなくなることがあります。 時間経過とともに本人の捜索範囲は広がり、長時間に及ぶと生命に関わる危険もあります。そのため、できるだけ多くのかたに、ご協力いただくことで、認知症などで行方不明になったかたを、早く発見し、ご自宅等に戻る手助けをすることが可能となります。     
(注記)積極的な捜索をお願いするものではありません。ご自身の日常生活、業務の範囲内で気にかけて、発見された場合にはメールに記載された連絡先に情報をご提供ください。 
■市民のかた・市内在勤のかたの登録方法

◇ 登録方法

市民のかた・市内在勤のかた等登録用QRコード
  1. 上記QRコードを読み取り空メール(件名、本文不要)を送信してください。
    QRコード読取が出来ない場合はsos.higashimurayama-wlf@raiden2.ktaiwork.jp宛に送信してください。
  2. 登録用URLが記載されたメールが返信されます。
  3. 利用規約をご確認ください。
  4. 配信を希望するメールの内容やお住まいの町等の情報を入力してください。
  5. 入力内容を確認して「登録」をクリックすると、登録完了です。
  6. 登録完了のメールが配信されます。このメールには、登録内容変更・配信解除用のURLが記載されています。
■事業者のかたの登録方法

◇登録方法

事業者登録用QRコード

 2つの登録手続きが必要です。ご協力をお願いします。
  1. center.higashimurayama-wlf@raiden2.ktaiwork.jp 宛に空メールを送ります。登録用QRコードからの登録もできます。
  2. 登録用URLが記載されたメールが返信されます。
  3. 利用規約をご確認ください。
  4. 説明にそって、ユーザー情報登録を行います。
  5. 入力内容を確認して「登録」をクリックすると登録完了です。
  6. 登録完了のメールが配信されます。このメールには、登録内容変更・配信解除用のURLも登録されています。 
  1. 「行方不明高齢者等捜索メール配信協力事業者登録申請書」を健康増進課へ提出してください。 
      
◇行方不明高齢者等捜索メール配信協力事業者登録申請書 ダウンロード
■認知症のかたへの接し方のポイント

認知症のかたへの対応の心得“ 3つの「ない」”
1 驚かせない 2 急がせない 3 自尊心を傷つけない
具体的な対応の7つのポイント
認知症と思われるかたに気づいたら、一定の距離を保ち、さりげなく様子を見守ります。近づきすぎたり、ジロジロ見たりするのは禁物です。
こちらが困惑や焦りを感じていると、相手にも伝わって動揺させてしまいます。自然な笑顔で応じましょう。
複数で取り囲むと恐怖心をあおりやすいので、声をかける時は、できるだけ1人で声をかけます。
一定の距離で相手の視野に入ったところで声をかけます。唐突な声かけは禁物です。
声かけの例) 「何かお困りですか」「お手伝いしましょうか」「どうなさいました?」「こちらでゆっくりどうぞ」など
小柄なかたの場合は、体を低くして目線を同じ高さにして対応します。
高齢者は耳が聞こえにくいかたが多いので、ゆっくり、はっきりと話すように心がけます。
早口、大声、甲高い声でまくしたてないこと。
認相手の言葉をゆっくり聞き、何をしたいのかを相手の言葉を使って推測・確認していきます。
認知症のかたは急かされるのが苦手です。同時に複数の問いに答えることも苦手です。相手の反応を伺いながら会話をしましょう。

健康福祉部健康増進課
電話:042-393-5111
[0]戻る
[9]トップに戻る

Copyright(c), Higashimurayama-city.