東村山市携帯サイト用ロゴ

先天性風しん症候群対策事業

■実施期間及び対象者

◇実施期間
令和3年4月1日から令和4年3月31日
◇対象者
東村山市に住民登録がある19歳以上のかたで、下記1.から3.に該当するかた
  1. 妊娠を予定又は希望している女性
  2. 妊婦の同居者
  3. 1.の同居者
ただし、下記に該当するかたは対象になりません。
  1. 妊娠中、又は妊娠している可能性があるかた
  2. 風しん(麻しん・風しん混合ワクチン含む)予防接種を過去2回以上受けたことが確認できるかた
  3. 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性
(注記)
「3. 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性」は、クーポン券を利用した制度の対象となります。
詳しくは『風しん抗体検査と風しん第5期定期予防接種について』のページをご覧ください。
■先天性風しん症候群について

◇風しんの報告数が増加しています
都内において、平成24年の夏に風しんの患者数が急増して以降、これまでにない規模の流行が起こりました。平成25年度に緊急対策として、先天性風しん症候群対策予防接種事業を実施し、一時流行は落ち着きを見せました。しかし、平成30年8月頃から、東京都内での風しんの報告数が増加しています。
都内の最新の流行状況につきましては、『【東京都感染症情報センターホームページ】風しんの流行状況』をご覧ください。
◇先天性風しん症候群とは
風しんに対する十分な免疫を持たない女性が妊娠中に風しんに感染し、胎児が風しんウイルスに感染することにより、先天性の心疾患、難聴、白内障などの障害を起こす病気の総称です。
◇生まれてくる赤ちゃんを守りましょう
妊娠する可能性のある女性や将来的に妊娠を希望する女性は、妊娠前に免疫を持つことが重要です。また、妊娠中の女性への感染を防ぐために、周囲のかたが免疫を持つことも、同様に重要です。
東村山市では、平成27年度から対象となるかたの風しんの抗体検査を無料で実施し、検査の結果、十分な免疫がないことが確認できたかたに予防接種(麻しん・風しん混合ワクチン又は風しんワクチン)を約1割の自己負担で実施する事業を実施しています。
■実施概要

実施する事業は、抗体検査事業予防接種事業の2つです。
◇抗体検査事業
先天性風しん症候群対策事業(抗体検査事業)
受診時に持参するものなど、詳細についてはこちらのページをご確認ください。
◇予防接種事業
先天性風しん症候群対策事業(予防接種事業)
受診時に持参するものなど、詳細についてはこちらのページをご確認ください。
■申込み・実施医療機関

◇実施医療機関(全ての対象者のかたに実施)
◇実施医療機関(対象者のうち、妊娠を予定又は希望している女性にのみ実施)
■注意事項

■関連情報

【厚生労働省ホームページ】風しんについて
【東京都福祉保健局ホームページ】風しん対策・先天性風しん症候群発生防止に向けた取組
子ども家庭部子ども保健・給付課
電話:042-393-5111
[0]戻る
[9]トップに戻る

Copyright(c), Higashimurayama-city.